Skip to content

ムダ毛の脱色

5年 ago

0 words

最近はあまりはやっていないようですが、ムダ毛の脱色というのもあります。
これはムダ毛を剃ったり、抜いたりするのではなく、ムダ毛自体を脱色してしまい目立たなくさせるという方法です。
この場合は、ビールを使うといった民間療法的な方法もありますが、やはり市販の脱色剤を用いる方が問題がなくてよいでしょう。
あまり毛深くない人で、しかも、腕や足だけの処理であるならばこのような方法もそんなに悪い方法ではありません。もちろんこれは脱毛ではなく見えなくするというものですが。
ただし、脱色剤は全てアルカリ性なので、肌にはある程度負担がかかってしまいます。そのために十分なアフターケアが必要ともなってきます。
そのように、十分なアフターケアをしないと肌荒れやかぶれが起きてしまったり、することがありますので注意が必要です。
最近は男性も脱毛サロンなどで脱毛を受けるようになってきましたが、やはりまだまだ人数は多くはないのが現実のようです。